前へ
次へ

質の良い睡眠を確保するための秘訣

いくらたくさん睡眠時間を確保しても、睡眠の質が悪ければ疲れも取れませんし肌にも悪いです。
逆に、少々睡眠時間が短くなっても質の良い睡眠が取れれば肌にダメージもなく乗り切れるでしょう。
そのためにはまず寝る前にスマホを見ないことです。
スマホやパソコンの明るさは脳に刺激を与えるので、寝つきが悪くなってしまいます。
できれば寝る3時間前にはスマホやパソコンの作業はやめると良いでしょう。
また、寒すぎたり暑すぎたりしても睡眠は妨害されます。
夏はエアコンを上手に使ったり、冬は保温性の高い寝具を使うなどの工夫をします。
また、夏は熱気がこもるので、竹製の寝具などでひんやりとした寝心地を確保するのもオススメです。
入浴も、熱い温度のお湯だと目が覚めてしまうため、ぬるいと感じる程度のお湯にゆっくりと半身浴をすると穏やかな眠りにつけます。
季節を問わず、手先や足先が冷たいと眠りに落ちにくいので、体を冷やさない習慣づけも大切です。

Page Top